着物買取のすすめ

着物の買取相場や業者の口コミ・評判をまとめています。

【着物買取】京都で口コミ・評判が良く、持ち込みできる店舗は?

更新日:

着物買取-027

京都で着物を売るならどのようなお店だと高価買取してもらえるのでしょうか?

着物の需要を知るために京都での呉服店の数を調べてみると2017年時点で489店あり、これは全国で7位に相当する数となっています。

しかし、店舗数は多くても呉服店は販売がメインのため、不要になった着物を買取ってくれる所となるとごく一部しかありません。

着物を売却するには呉服店の他に、リサイクルショップ、着物買取専門店などが利用できます。

今回は、京都で着物を買取ってくれるお店を口コミ・評判と共に調べてみました。

京都の着物買取店と口コミ・評判

着物買取をしてくれる京都のリサイクルショップや着物買取専門店、呉服店などをいくつかご紹介します。

お店の口コミも載せていますので参考にして下さい。

京都高級呉服買取センター

着物買取-028

京都高級呉服買取センターは、出張買取、宅配買取、店頭買取に対応した着物買取店です。

出張買取の対応地域は、ホームページを見ても記載されていませんでしたが、京都市内であれば出張買取してもらえたという口コミがありました。

宅配買取は手持ちのダンボールが無ければ無料梱包キットを送ってもらえるので用意する手間はかかりません。

持ち込みによる店頭買取は予約制となっています。

買取方法出張買取・宅配買取・店頭買取
所在地〒607-8482 京都市山科区北花山大林町15-1
古物商許可番号第611100230009号 京都府公安委員会

京都高級呉服買取センターの口コミ・評判

喜び2
着なくなった着物と帯を買取ってもらいました。
初めての買取で不安もありましたが、何事もなく不要な着物を処分できて良かったです。
怒り
宅配買取をお願いしてみましたが、あまり納得できる金額ではなかったのが残念でした。
疑問
期待していた金額には届きませんでした。
こんなものなのかな?

着物買取り一輝堂

着物買取-029

着物買取り一輝堂は、京都の呉服・着物買取専門店です。

創業以来、「大切なお着物を大切にしてくださる方へ」をコンセプトとし、出張買取、宅配買取、店頭買取によって着物の買い取りを行っています。

出張買取は全国に対応しており、宅配買取はダンボールの用意が難しければ無料で宅配キットを送ってもらうこともできます。

ホームページには、宅配では査定が不可能なものもあると書かれているので、利用を検討する方は事前に問い合わせで詳しく聞いておいた方が良いでしょう。

買取方法出張買取・宅配買取・店頭買取
所在地〒600-8355 京都府京都市下京区来迎堂町723番地
古物商許可番号第611051130011号 京都府公安委員会

着物買取り一輝堂の口コミ・評判

喜び1
着物関係の物や、骨董品などを買い取ってくれます。
買い取ってもらう方法には宅配、出張、持ち込みがあり、送料や出張料はお店が負担してくれます。
完全予約制で土日祝日が休みですが、電話対応はやっていました。

京都きものセンター

着物買取-030

京都きものセンターは、出張買取、宅配買取、店頭買取に対応した着物買取の専門店です。

買取りは最低でも5点以上からとなっていますが、有名作家や伝統工芸品などの場合はその限りではないようです。

着物の種類や購入時期が不明な場合は、携帯やスマートフォンで写真を撮って送れば買取可能であるかどうかや、大体の査定額を教えてもらうことができます。

売りたい着物が少ないと買取ってもらえませんが、大量に処分したい場合は利用を検討してみても良いかと思います。

買取方法出張買取・宅配買取・店頭買取
所在地〒604-0066 京都府京都市中京区油小路通り二条上る
古物商許可番号第611020130005号 京都府公安委員会

京都きものセンターの口コミ・評判

京都きものセンターの口コミ・評判は見つかりませんでした。

見つけ次第、追記したいと思います。

着物買取京都四季彩

着物買取-031

着物買取京都四季彩は、出張買取、宅配買取、店頭買取に対応している着物買取専門店です。

出張買取は、査定する着物の枚数が多い場合に限って京都府全地域に訪問してくれるようです。

具体的な枚数に関することはホームページに記載されておらず、売る数が少ない人にはあまり向いていないようです。

ウールや化繊の着物は買い取れないことが多いそうなので気をつけましょう。

買取方法出張買取・宅配買取・店頭買取
所在地〒612-0029 京都市伏見区深草西浦町7-51 パレプリエ2 101号
古物商許可番号第611090530045号 京都府公安委員会

着物買取京都四季彩の口コミ・評判

普通
出張買取に来てもらいました。
ほとんど値が付かない着物ばかりでしたが、持っていても仕方ないので売りました。
喜び2
予想通りの価格で買取ってもらえたので感謝しています。

きものリサイクルショップ「お花」

着物買取-032

きものリサイクルショップ「お花」は、主にリサイクル着物を取り扱っているお店です。

隣にある姉妹店「はなを」では着物のレンタルも取扱っています。

着物の買取方法は、ホームページに記載が無いので詳しくは不明ですが、「直接、店舗にお持込頂くことも可能です」とあるので、少なくとも持ち込みによる店頭買取には対応しているようです。

買い取りできないものとして、ウールの着物やモスリンの襦袢、喪服、汚れのひどいもの、との表記がありますので、これらに該当する方は利用を避けましょう。

古物商許可番号の記載は見当たりませんでした。

買取方法店頭買取
所在地〒606-0824 京都市左京区下鴨上川原町5-1
古物商許可番号記載無し

きものリサイクルショップ「お花」の口コミ・評判

きものリサイクルショップ「お花」の口コミ・評判は見つかりませんでした。

見つけ次第、追記したいと思います。

京都の着物買取店のおすすめは?

着物買取-019

京都で着物を売りたいときに、どのお店を利用すれば良いのか悩んでいる人は多いようで、ネット上でも次のような質問が見られました。

疑問
着物を売りたいです。
京都市内で高価買取してくれるところはありますか?
実際に買取してもらったことがある方や専門家の方がいらっしゃったら教えてください。
疑問
京都市内で着物の買い取りをしてくれるお店を探しています。
なるべく買取価格が高い場所を教えてください!
疑問
京都で着物や小物の買取をしているところはありませんか?
引っ越しを機にタンスを処分しようと思っているのですが、花嫁道具や母が買ってくれたものをゴミに出すのは忍びないです。
殆ど新品ですが、今後も着る予定が無いので欲しい人に渡れば捨てるより良いかなと思っています。

着物の知識が無い方は、査定に出しても買取価格が妥当なのかが分からないので不安になるものですよね。

悪質な着物リサイクル業者は利用者に知識が無いことが分かると相場より安く買い取るところもあるので注意しなければなりません。

着物の買取相場・価格のまとめ

さて、これまでに京都で着物買取してくれるいくつかのお店をご紹介してきましたが、その他のお店も含めて色々と問題点が見えてきます。

一般の着物買取店の問題点

  • 着物の買取価格が安い
  • 季節モノの着物は時期によっては買取拒否される
  • 査定する着物の数が少ないと出張買取してくれない
  • ウールや化繊の着物は買取ってくれない

お店によって多少の違いはありますが、着物の買取りに力を入れていない所で売っても安く買い叩かれてしまいますし、苦労して着物の持ち込み買取りに行っても種類や生地によっては査定さえしてくれないことも少なくはありません。

着物買取に不安がある方や、少しでも高く売りたい方には、上記問題点をクリアした、インターネットを活用している着物買取店がおすすめです。

インターネットの着物買取店がおすすめな理由

個人で経営しているリサイクルショップなどでは買取った着物を売却する独自ルートを持たないところが多いので、買取価格は安くなりがちです。

一方、インターネットを活用している着物買取店は、幅広いグローバルな販売経路を持つために着物の高価買取ができるのです。

京都のお客さんだけを相手にするよりは、全国や海外に対象を広げた方が商売がやりやすいことは誰にでも分かりますよね。

買取った着物もすぐ売れるので在庫を抱えることなく、どんな着物でも買取ることができるのです。

最近はインターネットを活用する着物買取店も増えてきましたが、どのお店でも良いというわけではありません。

査定料や訪問料、送料、キャンセル料などが有料だったり、正式な着物鑑定人がいない悪質な業者もいますので注意が必要です。

安心して利用するには口コミ・評判の良い着物買取店を選びましょう。

私も利用したことがありますが、スピード買取.jpや買取プレミアムは口コミ・評判が良いので万人におすすめできる着物買取店です。

着物買取-アイキャッチ-001
スピード買取.jpの口コミ・評判は?着物買取の流れを解説!

スピード買取.jpは、その名前が示すように最短30分で自宅まで着物の出張買取に来てくれる、スピードを売りにした着物買取業者です。 スピードだけではなく、着物の買取価格も高いことから人気があります。 今 ...

続きを見る

着物買取-アイキャッチ-002
買取プレミアムの口コミ・評判は?着物買取の流れを解説!

買取プレミアムは、着物の高価買取に力を入れている着物買取業者です。 査定員が自宅へ訪問して着物を買取ってくれる、出張買取サービスをメインに扱うほか、宅配買取や持込買取も取り扱っています。 今回は、買取 ...

続きを見る

どちらの着物買取業者も、出張買取、宅配買取、店頭買取の3つに対応していて、査定料や訪問料、キャンセル料などは一切かからず買取りに関する費用は全て無料となっています。

特に、出張買取については各都道府県で査定員が毎日走り回っているので最短30分で訪問してくれることもあります。

それだけ利用者が多いということですね。

一般の着物買取店やリサイクルショップなどではこんなことはあり得ません。

出張買取は目の前で査定してくれるので色んな質問がしやすいですし、処分したい着物がたくさんあっても持ち運ぶ手間がかからないので非常に楽です。

買取金額に納得できなければ無料でキャンセルできるので無理に買取られるような心配は無用です。

京都の出張買取の対応地域

スピード買取.jpと買取プレミアムの無料出張査定は以下に示す地域に対応しています。

最短30分で訪問してくれるので非常に便利です。

京都市

上京区 / 下京区 / 中京区 / 伏見区 / 北区 / 南区 / 右京区 / 山科区 / 左京区 / 東山区 / 西京区

 
その他

亀岡市 / 京丹後市 / 京田辺市 / 八幡市 / 南丹市 / 向日市 / 城陽市 / 宇治市 / 宮津市 / 木津川市 / 福知山市 / 綾部市 / 舞鶴市 / 長岡京市

乙訓郡大山崎町 / 久世郡久御山町 / 綴喜郡井手町 / 綴喜郡宇治田原町 / 相楽郡笠置町 / 相楽郡和束町 / 相楽郡精華町 / 相楽郡南山城村 / 船井郡京丹波町 / 与謝郡伊根町 / 与謝郡与謝野町

まずは気軽に無料相談

着物買取-020

スピード買取.jpと買取プレミアムは、処分したい着物が古かったり、汚れていたり、1点しか無かったりしても嫌な顔一つせず無料査定してくれます。

査定員の方は親切丁寧ですし、女性限定で女性の査定員を指名することもできるので安心です。

悩みがある方は是非一度電話で無料相談してみてください。

複数のお店での査定を考えている方は、手軽に利用できる出張買取で買取価格を知っておくと、価格交渉の材料にすることができますよ。

スピード買取.jp

着物買取-026

スピード買取.jpはテレビCMなどが話題となり、認知度がさらに向上しています。

独自の販売ルートを持つため、古くなった着物でも値段をつけてもらうことができます。

他店が1円でも高ければ全て返却」と掲げるほど買取価格に大きな自信を持っているので、着物を早く高く買取ってもらいたい方におすすめです。

出張買取の定番とも言える業者なので、迷ったらここを選べば間違いはないでしょう。

買取方法出張買取・宅配買取・店頭買取
所在地〒160-0004 東京都新宿区四谷4-28-8 PALTビル8F
古物商許可番号第301041408603号 東京都公安委員会

 

 

買取プレミアム

着物買取-013

買取プレミアムは安心・安全をうたっている着物買取店です。

これまでのリサイクル業界は、お客さんが直接店舗まで出向いて商品を持ち込みする形式が一般的でした。

しかし、遠方に住んでいる方や高齢の方は利用しにくいので、その状況を改善しようと業界内で初めて出張買取を開始した業者です。

スピード買取.jp並に出張買取が早く、買取価格も高いと評判なので、こちらもおすすめできます。

買取方法出張買取・宅配買取・店頭買取
所在地〒160-0004 東京都新宿区四谷4-28-8 PALTビル8F
古物商許可番号第301041408603号 東京都公安委員会

 

 

京都の伝統工芸品を含む染織品

全国各地には、それぞれの風土によって育まれてきた多種多様の染織品があり、地域の重要な産業として発達してきました。

ここでは、普通の着物よりも高価に買取ってもらいやすい、京都で生産される有名な染織品をご紹介します。

京鹿の子絞り

着物買取-033

京鹿の子絞り(きょうかのこしぼり)とは、京都で生産されている絞りの総称です。

子鹿の背の斑点に似ていることから「鹿の小絞り」の名で知られる「疋田絞り(ひったしぼり)」が代表的で、染め残りの四角の中に点が出るのが特徴的となっています。

他にも、一目、帽子、傘巻きなど多彩な技法があり、着物や羽織、帯、帯揚げなどに使われています。

非常に手間のかかる模様であることから、江戸時代には鹿の子絞りで模様を全面に施した「総鹿の子」が贅沢品として規制されることもありました。

京鹿の子絞りは、昭和51年(1976年)に国から伝統工芸品に指定された染色品です。

京友禅

着物買取-034

京友禅(きょうゆうぜん)とは、京都で生産されている友禅染のことを指し、加賀友禅や東京友禅とともに日本三大友禅の一つとして並び称されています。

元禄時代(1688年~1704年)に京都祇園に住んでいた扇絵師の宮崎友禅斎(みやざきゆうぜんさい)によって考案されたのが始まりだと言われています。

京友禅で描かれる模様には、多色使いで花鳥風月などを優美にデザインするものが多く見られ、金銀泊や刺繍もよく使われるのが特徴です。

その華やかな染色技法は、たちまち全国に広まり、確古たる京友禅の地位が確立しました。

京友禅は、昭和51年(1976年)に国から伝統工芸品に指定された染色品です。

京小紋

着物買取-035

京小紋(きょうこもん)とは、京都で型紙を用いて染められた小紋のことで、江戸小紋(えどこもん)の「粋」に対して、京都の「華」を表現しています。

型紙を使用して、繰り返しの柄になるのは江戸小紋と同じですが、友禅の発祥地ということもあり、とても華やかな色使いのものが多く見られます。

江戸小紋は一枚の型紙を使って染め上げますが、京小紋は友禅型紙と呼ばれる寸法の長い型紙を色の数だけ使うのが特徴です。

型紙は20枚~30枚、ものによっては100枚を超えることもあります。

京小紋は、昭和51年(1976年)に国から伝統工芸品に指定された染色品です。

京黒紋付染

着物買取-036

京黒紋付染(きょうくろもんつきぞめ)とは、京都で生産される黒留袖などの黒紋付の家紋描きと黒染の技術の総称です。

葬儀の際に着る喪服や婚礼の際に着る黒留袖といった礼服としての冠婚葬祭の衣装に用いられ、気品ある上質な黒色に染め上げられるのが特徴です。

上品な黒を表現するために、黒引染(くろひきぞめ)や、黒浸染(くろしんせん)という技法を用いて染色されています。

もともと古くは僧侶の法服や、武家の紋服に用いられていましたが、明治に入ってから現在のように冠婚葬祭の際に着用する礼服の衣装としての需要が増えました。

京黒紋付染は、昭和51年(1979年)に国から伝統工芸品に指定された染色品です。

西陣織

着物買取-037

西陣織(にしじんおり)は、京都の西陣地域で生産される多品種少量生産方式を基盤とした先染め織物の総称です。

一口に西陣織と言っても、もじり織、ビロード、本しぼ織、朱珍(しゅちん)、爪掻本綴織(つめかきほんつづれおり)、紬(つむぎ)、紹巴(しょうは)、経錦(たてにしき)、絣織(かすりおり)、緞子(どんす)、緯錦(よこにしき)、風通(ふうつう)などがあり、12種類の品種が国に指定されています。

京都で応仁の乱(1467年~1477年)が起こり、西軍の大将、山名宗全が西に陣をはったことが、西陣の地名と西陣織の名称の由来となっています。

西陣織は、昭和51年(1976年)に国から伝統工芸品に指定された織物です。

西陣御召

着物買取-038

西陣御召(にしじんおめし)は、京都の西陣で織られている平織(ひらおり)の織物のことです。

独特のシボ感が美しく、凹凸の有る生地は、光の屈折によって上品で深みのある色合いを見せてくれます。

本物の西陣御召は、緯糸に御召緯(おめしぬき)と呼ばれる強撚糸(きょうねんし)を使用していること、同じ回転数の強い撚りを掛けた右撚りと左撚りの御召緯を交互に同数で織り上げていること、染めた糸で織っていく先染めの織物であること、これら3つを満たしている必要があります。

現在、この条件に合う織り方をしているのは、わずか数社しかありません。

丹後縮緬

着物買取-039

丹後縮緬(たんごちりめん)は、京都北部の丹後地方で生産される高級絹織物の総称です。

経糸に撚りのない生糸、緯糸に強い撚りをかけた生糸を交互に織り込んで生地にし、その後、精練すると、糸が収縮して緯糸の撚りが戻り、生地全面に細かい凸凹状のシボが生じます。

シボのもつ独特の柔らか味は丹後縮緬の特徴で、しなやかでシワになりにくく優美です。

丹後地方は日本国内の約1/3の絹を消費する日本最大の絹織物産地として知られ、浜縮緬を生産する滋賀県の長浜市と共に縮緬の二大産地として知られています。

 

着物買取店のおすすめランキング

-着物買取店
-

Copyright© 着物買取のすすめ , 2017 AllRights Reserved.